土日午前営業、少人数予約制9割女性顧客、不妊、冷え、頭痛、生理不順など
女性の悩みに強い
京成大久保駅徒歩6分
習志野市大久保のはり灸専門

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

予約
tel.
047-404-5225
e-Mail:
taishindo.hari@gmail.com

泰心堂はりきゅう院


はり、きゅうは怖いというイメージがありますが、大丈夫ですか?

まず、鍼灸は医師法という法律の中の特別法である通称あはき法に規定された医療行為の一部です。
施術に携わる施術者は、厚生労働大臣の免許を取得しなければなりません。
そのためには、指定された養成機関=鍼灸専門学校や鍼灸大学(実質的に鍼灸専門学校と同じもの)で定められた課程(実技を含む)を3年分修めた上に年一回の国家試験に合格しなければなりません。

鍼灸専門学校で学んでいる事柄は一言で言うと、『安全に施術できるようになる』ということです。基本的な鍼または灸の取り扱い方、危険部位の確認と理解、身体構造を理解することで、大きなリスクを避ける術を学ぶところですね。
なので基本的には鍼灸院で、鍼灸師がする施術は安全施術です。

その上で、当院のこだわりにも書きましたが、当院は【浅刺】の施術を提供しています。衛生的に、解剖学的に安全な施術サービスを提供しています。

また、危険部位の確認や衛生面の確認はとても大事なことなので、施術に関わる身として日課としてしっかりとチェックするようにしています。

鍼灸は痛い、熱いというイメージがありますが大丈夫でしょうか?

基本的な事項として鍼は創傷(切り傷)を、灸は火傷を利用して、体のシステムに働きかけをして、症状、体質の改善を目指す医療行為であることは間違いがありません。

当院の場合は、無用な痛みを避けるために、クライアントの皆さまと感触とその程度を都度確認しながら施術を進めさせていただいております。

なので、必要のない過剰な痛みに耐える必要はありません。

通常は、鍼を刺す時の刺入時痛あるいは切皮痛と呼ばれるほんの少し”ちくっ”と感じる程度の刺激を感じるか、鍼を操作しているときに、重い体内に響くような痛み=鈍痛、流派によっては鍼の響きと表現するものが生じるくらいです。鍼の響きも過剰であれば不快ですので、こちらも加減していきます。

お灸については、火傷(やけど)の程度を表す熱傷スコアの1度=赤くなる程度を原則として、台座のついた簡易灸は様子を見て、もぐさをひねって直接肌につける直接灸については痕(あと)が残らないように7~9割ほど燃えた時点で取るようにしています。
こちらも、”ちくっ”とほんのわずか、熱さを感じる程度の痛みがでることがありますが、基本的に温かくて気持ち良いと感じる程度の刺激にするように心がけております。

鍼が合わないという場合もある?

稀に特定の金属アレルギー体質や、施術法との相性によって合わない場合もあるようですが、当院では複数の材質、複数の施術方法を用意しております。一人ひとりの患者様の状態に合わせて調整いたしますので、どのような方にでも効果を出していけると自負しております。

健康保険は使えますか?

原則として、使えません。
全て現金かつ実費でお願いしております。

いくつかの疾患(主に整形外科、あと関節リウマチ)については、健康保険のうち療養費の支給を受けることができます。

ただし、当院では、専門医による同意書、本人請求のみに限らせていただいております。
「私の症状は該当するのか?」という質問については、この制度は病院で治療を受けている方のための制度なので、担当医に質問してください。

交通事故後遺症の施術はできますか?

はい。自動車賠償責任者保険(俗にいう自賠責)や任意保険が適用されますので、クライントの皆様の実質負担はゼロ円です。保険会社に「鍼灸院での施術は認められない」と言われた場合は、当院がクライアントの皆さまに変わって保険会社とお話しさせていただきます。

  • 原則として、交通事故の場合、医療サービスの選択の自由はクライアントの皆さま側にあります。また医師及びはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の施術は妥当な医療サービスですので、支払い基準に基づいて、保険会社側は医療サービスの選択の自由として認めなければなりません。

施術時間はどのぐらい?

症状や施術方法にによって若干異なりますが30分~60分。クライアントの一人ひとりのその時点での体調や体の変化によって前後します。またお時間が無い場合でも、鍼の本数やツボ、刺激量を変えて、ご都合に合わせた時間で治療をすることもできます。

治療間隔、通院期間はどのぐらい?

症状、状態によって異なりますが、急性または慢性の病気をなるべく早く治したい場合、最初だけでも間隔を空けずに何度か続けたほうが効果的です。

軽めの症状の場合、基本的に6回1セットの施術を提案させていただいています。
1~3回で症状を軽減し、4~6回身体を整え疲労回復と体力の底上げを狙うため。しっかり身体を整えておいたほうが、怪我もしにくいし、病気にも掛かりにく状態をキープしやすくなります。

当院ではできるだけベストな治療計画を提案し、できるだけ早く良くなって欲しいと考えておりますので、症状が落ち着くまではほとんどのケースで週1回以上のご来院を提案しています。
症状、状態が良くなったあと、健康管理や維持としてメンテナンスにはいられる方には2~4週間に一回ペースでご来院いただいております。

参考までに
不妊症、難病や慢性疾患の場合は週1~2回 推奨は2回
健康管理や病気の予防 月1~2回
美容は、初期は週1~2回、メンテナンスは2~3週に1回

基本的には来院していただいた回数だけ症状は早く改善していきます。適切な治療間隔などは初診の治療後にご提案させて頂きます。

美容目的の場合は基本的に治療を受けた回数で効果が顕著に出ます。身体の健康状態に問題が無く、美容鍼灸だけが目的の場合ご自身で決めた間隔で問題ございません。場合によっては、体の治療を先に行ってから美容を薦めることもあります。

鍼で感染することはありませんか?

ご安心ください。泰心堂はりきゅう院で使う鍼は以下のように処理をしております。

ディスポーザブル鍼 一回の施術に使ったら医療廃棄物として廃棄
特殊な鍼 洗浄、薬剤消毒のうえ高圧蒸気滅菌器にて処理をしてから再利用
そのほかの器具 高圧蒸気滅菌器にて処理をしてから再利用

再利用するものについては高圧蒸気滅菌器は手術に使う道具の滅菌(=菌などの全くいない状態にすること)をする道具で、これで処理を行なっているので感染の心配はありません。当然、それらの廃棄については医療廃棄物として業者に処理をしてもらっています。

私たちのサービスの基本は、まず安心、安全を売ることですのでその点は厳重に管理あせていただいています。

副作用はありませんか?クセになるというのは本当?

からだが本来持っている機能を賦活(元気に働ける状態にする)するのが鍼灸の施術ですので、副作用はありません。

副作用とはことなりますが、泰心堂はりきゅう院の施術は、からだを変化させることが重要な目的であり、効果となります。変化したことにより施術前と施術後のからだの感触が変わり、眠くなったり、体が軽くなったり、あるいは一時的に重くなったり、気分が変わっていたりなどが生じたりしますが、これらは新しいからだの状態に慣らすための正常な反応なので心配ありません。

また常習性はありませんのでクセになるということもありません。
病気の予防や披露解消、心身のリフレッシュや美容などの目的で定期的に、あるいは足繁く来院いただいている方も多数いらっしゃいますが、あくまでも当院のファンであり、当院の施術にご満足いただけたということです。

西洋医学との併用は大丈夫?

大丈夫です。
東洋医学、鍼灸はからだが持っている力を有効利用しているだけで、何かを投与したり、強引に化学変化を起こさせているわけではありません。
現に病院に通院されている方も、その時々の体調に応じて、鍼灸による調整を加えることで相乗効果が期待できることもあります。

たぶん多くの場合で問題となるのが、薬の問題だと思いますが、泰心堂はりきゅう院では原則的に、現に服用している薬について口出しをしません。

・・・というか、薬の相談は主治医としてください。
私たち鍼灸師が、投薬の指示(飲む飲まないなど)をすることはあはき法違反になります。
また、病気や症状によっては、薬を飲まないという行為が危険な状態に繋がることもあります。
私自身、喘息患者でしたので常用の薬、発作時の薬を携帯していた経験があります。現在は発作も起こっておりませんので、医師との相談の上、現在は薬を使っておりません。

鍼治療で美肌やアンチエイジング、ダイエットなどの効果が得られるって本当?

本当です。

老化現象といったものは仕方ない部分もありますが、アンチエイジングと言われるように年齢に比べて老化しているのが問題です。

その原因はというと過酷な環境にさらされた皮膚や筋肉の代謝が落ちたり、環境適応できずにいることです。

鍼を用いて微細な傷をつくると、傷を治そうという反応と周囲の組織が最適化されているかを判断し、最適化しようという反応が起こります。

その結果、皮膚は血行が良くなって明るくなり、筋肉に力がもどるので肌にハリがでて、環境適応が進むと、乾燥肌は潤い、脂性肌は油の分泌が減りテカリが減ります。
特に当院の美容鍼灸では顔のシワ、たるみ、法令線などの改善やリフトアップの効果はその場で感じていただく即効性で、翌日の洗顔時のお肌のハリの違いに皆様驚かれます。

ダイエットについては当院では王道は運動によるダイエットだと考えます。鍼灸で行うことはダイエットに取り組んでいる期間のからだの調整であり、あくまでもサポート。

耳つぼ刺激のダイエット法ですが、当院の実験では下記のようなけかとなりました。
耳つぼダイエットのみの実験(100人ほどに協力いただいた)
標準体重+10kgオーバーの方は月に2~3kg落ちることが多く、標準体重前後の方はごくわずか、標準体重よりはるかに少ない方はむしろ+に働きました。

耳つぼはあくまでもプラスアルファ。当院では筋トレによる筋力量、代謝量向上を中心としたからだづくりを提案しています。

美容鍼だけでもリフトアップなどのアンチエイジングの効果は出ますか?

はい、効果があります。

ただし、「皮膚は内臓の鏡」という言葉があるようにお身体が元気で無いのにお顔だけ元気でいられるという事はありません。内臓が疲れているからお顔にも元気が無くなっている場合がほとんどです。からだの調子が良くなれば、アンチエイジング鍼の効果もアップします。内臓年齢が若返った分だけお顔の年齢も若返ります。当院の美容鍼灸のコンセプトとして「健康美」を目指しております。

はじめての方へ

施術の内容について

当院について

スタッフブログ

スペシャルオファー

個別記事
女性のケア

メンタル系疾患のケア

痛み、しびれのケア

オリジナルコース